[エリア]
那智山
[タグ]

熊野那智大社【世界遺産】

熊野那智大社の歴史は約1700年まで遡ることができます。この神社は那智大滝で始まった信仰の新たな礼拝所として建立され、当時から変わらない自然を尊ぶ伝統を守り続けています。この場所が選ばれたのは、神武天皇を奈良に導いた「八咫烏」と呼ばれる三本足の大きなカラスがここに降り立ったためと伝えられています。

かつて日本で一般的だった神仏習合の例に漏れず、那智大社とその隣の青岸渡寺は、その歴史のほとんどの期間においていちやまの複合的な宗教施設でした。1868年の明治維新後、新政府が神道と仏教の分離を命じたため、現在、寺院と神社は正式に区別されています。


スポット情報

〒649-5301 和歌山県東牟婁郡那智勝浦町那智山1
営業時間:7:00~16:30
電話番号:0735-55-0321


熊野那智大社(公式HP)はこちら

紀伊勝浦駅前発 熊野御坊南海バスで約30分(那智山バス停下車)
表参道から階段(467段)を15分ほどのぼる


一覧へ戻る ピックアップページに戻る
エリアから選ぶ
下里
全エリア
勝浦
太田
宇久井
市野々
色川
那智山
タグから選ぶ
中辺路
大辺路

旅を満喫するモデルコース

那智勝浦へのアクセス